ネット銀行のローンには思わぬ落とし穴が

ネット銀行のローンには思わぬ落とし穴が

最近ではローンもネット銀行が算入してきて、低金利でとても魅力的ですね。しかし、お金が溜まる人は意外とネット銀行には手を出さないものなのです。一見、低金利、申し込みも便利などメリットが多いと感じてしまいますが、実は隠れた罠があるのです。
例えば、住宅ローンを借り返るときにネット銀行を視野に入れる方もいると思います。手数料が格安で、金利も低く、繰上げ返済手数料が無料、団信保険が無料などお得がたくさん用意されています。しかし、ネット銀行の中には保証会社を通していない所もあるのをご存知でしょうか。通常は万が一ローンが返済されなくても保証会社が代わりに債務者に対し請求を行うことで、銀行側は負担を背負う事が無い仕組みなのです。保証会社を通さなければ、ダイレクトに借主へ負担がのしかかる事もあります。具体例としては返済が滞れば地方銀行なら利息だけでも支払ってくれたら待ちますよ、と言ってくれるところを、ネット銀行では直ぐに物件を競売にかけられてしまうリスクがあるのです。
あまり知られていませんが、きちんと返済するための計画が出来ている人は、金利だけの低さではつられていません。もちろんネット銀行でも多少優遇が効く所もあるのでしょうが、地域に密着した銀行に比べると債権回収時はわりとアッサリしていると思います。