返済計画ができる人はリボ払いはしない

返済計画ができる人はリボ払いはしない

ローンの返済計画ができる人は、絶対にリボ払いは利用しません。一度に返済が出来なかった場合は、分割払いにて月々の返済額を割り出し支払っているのです。
リボ払いとは毎月1万円など定額で支払う方法のことです。借入金額が毎月1万円ずつ増えても返済額が一定のため、なかなか完済できない人も多くいるのです。例えば、10万円をキャッシングしたとしましょう。毎月貰う給与の額から考えると、それ程多くない融資金額ですね。しかし、月々の返済額が5,000円など少ないものから利用できる点に注意しなければなりません。通常ならある程度支払えば返済額は減っていると思ってしまいますが、支払っているのはほとんどが利息で、元金はあまり減っていない自体になる事があるのです。ふと1年後に明細書を見てみて、初めて愕然とする方も多いでしょう。分割払いなら支払最終日がちゃんと決まっていますが、リボ払いだと月々の返済額だけしか決められていない為、だらだらと借金が続きやすいのです。なかには途中で借入を何度か行い、毎月利息のみを支払っているケースも見られているのです。
リボ払いは月々の返済額ばかりに目が行き、現在借入している総額や利息はどれくらい支払っているかは分かりにくいシステムのため、計画的な利用が求められています。